母乳育児成功のための10か条   WHO/UNICEF共同声明

1 母乳育児についての基本方針を文書にし、関係するすべての保健医療スッタフ  に周知徹底しましょう。
  (おっっぱいだけで育てようとするお母さまをささえ医療関係者は母乳育児に関する方  針を徹底していきましょう)

2 この方針を実践するために必要な技能を、すべての関係する保健医療スタッフ  に訓練しましょう。
  (医療スタッフは母乳育児支援のために根拠ある知識と臨床実習やカウンセリング技  術を訓練しましょう)

3 妊娠した女性すべてに母乳育児の利点とその方法に関する情報を提供しましょ  う。
  (出産前に母乳育児教室の参加し根拠ある情報と知識を深めましょう)

4 産後30分以内に母乳育児が開始できるよう、母親を援助しましょう。
  (直後の新生児は覚醒期にありお母さまの匂いに敏感であり早期に乳頭に吸啜しても  らえるように施設に依頼しましょう。覚醒は40分から50分程度続き、そのあと新生児   は睡眠期になります。お母さまは妊娠中から早期接触できる産院を選択しましょう。)

5 母親に母乳育児のやり方を教え、母と子が離れることが避けらない場合でも母乳分泌  を維持できるような方法を教えましょう。
  (お母さまとお子様がいつも一緒にすごせ抱き方、含ませ方やお子様のサインを学び
   お子様が治療のためにお母さまから離れるような事態があれば搾乳について学び    ましょう)

6 医学的に必要でない限り、新生児には母乳以外の栄養や水分を与えないように  しましょう。
  (出生直後は8回以上授乳をしてみましょう。母乳だけで育っている健康な新生児、乳   児は母乳以外の飲み物は必要でありません。必要なときはカップやスプーンで飲ま   せてみましょう)

7 母親と赤ちゃんがいっしょにいられるように、終日、母児同室を実施しましょう
  (産院選択時母児同室制の施設を選びましょう。もしそうでなければ施設に依頼しまし   ょう)

8 赤ちゃんが欲しがるときに欲しがるだけだけの授乳を勧めましょう。
  (いつも赤ちゃんのそばにいて欲しいサインをキャッチし授乳しましょう、時間を気にせ   ず赤ちゃんが離すまで授乳してみましょう。)

9 母乳で育てられている赤ちゃんに人工乳首やおしゃぶりを与えないようにしまし  ょう。
  (赤ちゃんの母乳の飲み方と人工乳首やおしゃぶりの飲み方は違いがあり赤ちゃんに   とっての見方が混乱してしまい母乳を上手に飲めなくなってしまうことがあります。)

10 母乳育児を支援するグループづくりを後援し産科施設の退院時に母親に紹介  しましょう。
  (地域育児サークルやラ・レーチェ・リーグ、公的施設の育児支援センターなどリサー   チし子育てについての相談がいつでもできるよう準備しましょう。産院退院時にも情報  収集しておきましょう)